PL^G よくある質問

なぜブロックチェーンを使用するのか

ブロックチェーンで使用されている分散型台帳技術(DLT)は、企業に複数の利点をもたらします。DLTを使用して大きな違いを生むことができる1つのユースケースは、ビジネストランザクションに対して高度な信頼を必要とするソリューションを実装するときです。このテクノロジーを実装することで、従来の中央集中型モデルよりもインフラストラクチャコストを削減するという明確なメリットが得られます。

PL^Gとは?

PL ^ Gはあらゆる規模の企業がビジネスに対応可能なブロックチェーンベースのアプリケーションとソリューションを構築するためのツールキットです。パーミッションコンソーシアムネットワークおよび/または企業や消費者が操作できるパーミッションレスな環境を作成するためのツールを提供します。

PL^Gnet とは?

PL ^ Gnetは、クロスチェーン機能を提供するネットワークで、さまざまなネットワークが互いに情報をやり取りし、情報を共有できるようにします。PL^Gnetは2019年内にローンチ予定です。

PL^GとCENNZnetの関係は?

CENNZnetのようなあなた自身のブロックチェーンを構築したい場合は、PL ^ Gツールキットを使用してください。

他のブロックチェーンに接続したい場合はPL ^ Gnetを使用してください。 ローンチフェーズについては、ロードマップをご覧ください。

既存のネットワーク上にdAppを構築したい場合はCENNZnetを使用してください。

どのような産業がPL^Gを使用していますか?

従来のシステムとPL ^ Gを統合するのは簡単ですか?

PL^Gツールキットを使用すると、ブロックチェーンプラットフォームで機能するようにシステムを書き直す必要がなく、ビジネスで既存のハイテクスタックのレイヤとしてブロックチェーンを組み込むことができます。

PL^Gの利点とは?

  • 既存のビジネス、組織を念頭に構築されています。
  • ディベロッパーは新たにスキルを学ぶ必要なく欲しいものを選んで使用することができます。Web Assemblyは最も一般的な言語とツールキットを使用しています。
  • 独自のブロックチェーンを構築するための機能を簡単に選択して組み合わせることができます。
  • あなたのチェーンに最適なランタイムモジュールを選択することができます
  • 適したコンセンサスモデルを選択し、ハードフォークなしでアップグレードが可能です。
  • PL^Gの成長するツールキットの機能を使って、あなたのユースケースに合った正しいブロックチェーンを作成できます
  • 既存の環境の大幅な変更を行う必要や、最初から構築を始める必要がなく、ご使用の環境に簡単に実装できます。パブリック、プライベート、そしてコンソーシアムチェーンを作るためのツールがあります。
  • 新しいパーミッションフレームワークを使ってパブリックチェーンの中にプライベートチェーンを構築することもできます。
  • コストを節約し、プライバシーを向上させ、オンチェーンコントラクトのセキュリティ能力を持つオフチェーンスマートコントラクトを構築可能です。
  • PL^Gのプライバシープロトコルを使用すると詳細を明らかにせずにチェーン上で機密取引を実行することができます。

ランタイムモジュールとは?

ランタイムモジュールはブロックチェーンに機能を追加するための新しい手法です。PL ^ Gネットワーク固有の「ビルトイン」スマートコントラクトのようなものと考えてください。つまりPL^Gノードソフトウェアの一部として含まれているということです。

PL^Gを使用してデータの保管はできますか?

目的のストレージスキーマを使用して新しいランタイムモジュールを作成してください。こちらに例があります。

PL^Gにスマートコントラクトはありますか?

もちろん!PL ^ Gノードは、Webassemblyとしてスマートコントラクトを実行できます。RustまたはInk DSLを使って書くことができます。しかし実際は必要ないでしょう。ランタイムモジュールは、PL ^ Gネットワークで追加の機能を提供するための方法です。ユーザーが独自の追加機能を提供できるようにしたい場合は、これがお探しのオプションかもしれません。

トークンを作成するには?

PL ^ Gには「Generic Asset」と呼ばれる組み込みモジュールが付属しています。これはERC-20のようなインターフェースを定義し、ユーザーが固定された初期供給量で新しい資産(トークン)を発行できるようにします。これらの資産は、必要に応じて譲渡、ミンティング、またはバーンすることができます。SubstrateのGeneric Assetは、PL ^ Gチームによって作成されました。

自身のネットワークで手数料を取るには?

PL ^ Gにはあなたが適切だと思う手数料を決定して請求することができるモジュールが組み込まれています。これはデータを格納するための料金、トランザクションごとのフラット料金などに適応できます。PL ^ Gnet twoトークンエコノミー(今年後半に開始)を考慮して、ネットワーク手数料モジュールがPL ^ Gによって拡張されました。

ネットワークのアップグレードは可能ですか?

新しいランタイムをwasmとしてコンパイルし、認証キーからアップグレードトランザクションを発行できます。ダウンタイム無しでチェーンをアップグレードすることが可能です。

パーミッションベースのトランザクションを行う事は可能ですか?

はい、特定のトランザクションを許可されたキーに限定することは可能です。PL ^ Gは、許可された参加者へのトランザクションの制限を含む、ブロックチェーンでの細かい制御を可能にする、新しく特許申請中のパーミッションフレームワークを開発しました。

SubstrateとPL^Gの違いは?

Substrateは車のエンジンのようなものですが、PL ^ Gツールキットは車を走らせるために不可欠な要素をすべて含んでいます。

メールによるお知らせに登録

     

© 2019 Copyright. PL^G